ロコハ鍼灸整骨院Blog

2014年11月19日 水曜日

日付変わりまして............♡                                                                                                  福岡市 中央区 整骨院 ピラティス 酸素カプセル エステ 交通事故

段々と寒さが厳しくなってきている最近、皆様は風邪などひいていないでしょうか???



もう今年も残すところあと一ヶ月半をきりました♡



この一年何をして、また次の年に何を託し夢見て行動するかそれぞれが日々考えていることでしょう!!





そんな年末のこの時期にあるイベントがあるのをご存知でしょうか??





そうそれは.........






ワイン好きには待ち遠しかったことでしょう♥






そうです......




《ボジョレヌーボーの解禁日》です♡




正解共通


毎年11月の第三木曜日



と決まっているそうです♫






ですが、1つここで疑問ができますよね




ワインに詳しくない方なら誰もが思うことでしょう...



《ボジョレー解禁って??》
《そもそもボジョレヌーボーって何??》
《なんで毎年そんなに大騒ぎするの??》と..................





誕生には実はちょっとしたお話があったのです(*´∀`*)




ボジョレーとは
フランス・パリの東南に位置する地区の名前です
ここはなだらかな岳陵地帯で、美しい高台を意味する《ボージュ》が名前の由来だそうです


ではヌーボーとは
ヌーボーは新酒を意味します


そうです
《ボジョレーというワイン産地》で作られた

《出来立てのワイン》


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


それが
《ボジョレヌーボ》です♡♡♡



※名乗ることができるのは《ガメイ種》というぶどうを使ったワインだけと法律で規制されています



そしてここからが誕生秘話♫


ガメイ種のぶどうは栽培しやすく収穫量の多いぶどうでした


ですが栽培していた土地の土壌と合わずに


酸味の強く薄いワインしかできなっかみたいです



その土地を統治していたフィリップ公


フィリップ公はこのガメイ種のぶどうで作ったワインが大嫌いでしたΣ(゚д゚lll)


大嫌いすぎて着いにはその土地でガメイ種のぶどうを栽培するのを禁止する命令をだしました


すべて引き抜かれたガメイ種のぶどうは南のボジョレー地区に移植されました


これが《ボジョレーワインの始まり》となったのです


ボジョレー地区の土壌はガメイ種のぶどうと相性が非常によく


植えた途端から糖分が豊富で酸味をしっかりと生きた美しいぶどうを実らせました



追放された品種のワインがボジョレーワインの誕生の秘密だったみたいです♫
なんか少し感慨深いものがありますね




では、なぜこの時期なのか



それはメーカーのボジョレーの早出し競争をなくしワインの品質低下を防ぐ為でした


早く売れば売れる!!!
そういう競争のなか遂にまだ出来上がっていない未熟なワインを出すメーカーもいたそう...


それを防ぐ為フランス政府は1967年に法律を制定し毎年11月の第三木曜日に決めたとのことです


第三木曜日というのはメーカーや運送業者のそれぞれの都合を合わして決められた日とのことです(笑)





最後になんでこんなに大騒ぎするほどの盛り上がりになるかは



日本人の
・新しい物好き
・味よりも毎年恒例のイベント感覚
というような思考を狙ったものだそうです!!!


クリスマスやバレンタインと一緒ですね♫


他国ではボジョレーワインはその年のぶどうの出来栄えを知るための《試飲用》ワインにしかすぎないとのことです


国の違いでこんなにも感覚にズレがあるなんて面白いですね(^^♪




そんなボジョレーの今年の出来栄えはかなり期待度高とのことですよ♫



解禁まであと四時間をきりました.........




さぁ皆さん、今年はボジョレヌーボーに酔いしれましょう♡


投稿者 ロコハ鍼灸整骨院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事