コマーシャルモールはり灸整骨院Blog

2015年2月26日 木曜日

バスケットボールで多いケガ1つ「半月板損傷」                                  博多区 整骨院 交通事故

こんばんは、院長の波多江です。

私はバスケットボールをずっとやっていました。


バスケットボールというとどんなイメージでしょうか?


漫画の「スラムダンク」や「アヒルの空」もしくは「黒子のバスケ」

などを見た事ある方も多いのではないでしょうか?



「バスケットボール」は非接触型のスポーツに分類されますが、

実際は相手との接触は多くそれに伴ってケガの発生率も高いです。

部位でみていくと

・手指

・足首

・膝

・腰

などのケガが多いです。

競技特性からみると

ダッシュ、ストップ、ジャンプ動作を繰り返すので

各関節に負担が大きくなるのも

頷けます。



そして今日NBAのニュースを見ていたら

「デリック・ローズが右ひざ半月板断裂で手術」



というのが目に飛び込んで来てビックリでした。

以前にも同じケガをしいているのも心配です。

3年間で3度目の手術・・・

世界最高峰のリーグで、医療関係者、トレーナーなど

非常に良い環境であってもケガは起きてしまいます。



少しでも確率を減らせるように

練習前後のストレッチやアイシングなどセルフケアを

積極的に行っていきましょう!!



スポーツや日常生活で違和感や痛みを感じたら

当院のスタッフにご相談くださいね!





投稿者 コマーシャルモールはり灸整骨院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31